SSC(Structural Skeleton Converter)シリーズ
SSC-梁貫通孔設置範囲 for Revit 2017

Autodesk Revit 2017 対応版

内容・特徴

SSCシリーズ『SSC-梁貫通孔設置範囲 for Revit 2017』は
Autodesk Revit 2017 のAdd In ソフトです。
Revitの構造躯体モデルから、
梁貫通孔を設けて良い範囲/設置できない範囲を
自動表示するプログラムです。

『SSC-梁貫通孔設置範囲 for Revit 2017』は、Revit Structure/Revit Architectureの構造躯体情報を元に、梁の貫通孔設置可能範囲及び設置不可範囲を自動で表示します。
各種の構造躯体モデルに対応するため”プロパティ対応テーブル”を用いています。
”プロパティ対応テーブル”を編集いただくことで、各種構造躯体モデルで使用しているファミリのプロパティ情報と『SSC-梁貫通孔設置範囲』で 使用している変数とを対応させることができます。

Revit 2017版 追加機能

『SSC-梁貫通孔設置範囲 for Revit 2017』の追加機能は以下の通りです。

■ RC大梁/基礎梁設定に、『配筋間隔指定』を追加

■ RC大梁/基礎梁設定に、『梁せいによる最小離隔距離指定』を追加

■ S大梁設定に、『ジョイント位置からの離隔距離』設定を追加

■ 『継手位置設定配置コマンド』を新設

主な機能

メイン画面

Revitのアドインメニューから
『SSC-梁貫通孔設置範囲 for Revit 2017』を起動します。

↓

設定画面

大梁設定/小梁設定等の設定を行い、実行します。

↓

実行例

実行結果例です。

↓

拡大例

モデルの拡大例です。

緑色の部分が設置可能範囲、赤色の部分が設置不可範囲です。
S大梁・S小梁設定において、開口部補強設定を行った場合の貫設置可能範囲を、黄色で表示します。
※表示の色はRevitの設定にて変更可能です。

対象となる部材

大梁(RC大梁/S大梁)、小梁(RC小梁/S小梁)、基礎梁/基礎小梁
※ S梁は、H形鋼にのみ対応しています。

設定機能

<RC大梁設定機能/基礎梁設定機能>

<RC小梁/基礎小梁設定機能>

<S大梁設定機能/S小梁設定機能>

<継手位置設定機能>

対応済み躯体モデルデータ

以下の製品用のプロパティ対応テーブルは、インストール時にシステムに組み込まれます。

 

※1  『SSC-構造躯体変換 for Revit 2017』は、株式会社ソフトウェアセンターの製品です。

製品価格

価格表 価格表PDF
製品名 価格(税抜)
○梁貫通孔設置可能範囲自動表示ツール
   SSC-梁貫通孔設置範囲 for Revit 2017
¥150,000
・年間保守費 ¥ 15,000
オプション
○ハードプロテクト版
¥ 15,000
インストール関連
・インストール作業 ¥100,000
※交通費および宿泊費は別途

2017年6月現在
価格は税抜金額です。別途消費税がかかります。
※価格は予告なしに変更する場合があります。購入時にご確認をお願いします。

◎ 本製品は、ネットワーク認証プロテクトを使用しておりますが、
    ネットワークに接続できない場合のために、ハードプロテクトをご用意しております。
    「ハードプロテクト版」を選択した場合は、スタンドアローンでのみの使用となり、
    ハードプロテクトを差し込んだPCでのみ起動可能です。

動作環境

製作:株式会社ソフトウェアセンター
パンフレット 

先頭に戻る