3次元一般構造解析、耐震解析ソフト SAP2000

SAP2000

内容・特徴

『SAP2000』は、建築・土木・プラント・機械構造物の
構造解析・耐震解析ソフトです。

最新のグラフィカル・ユーザー・インターフェースを備えた使いやすく生産性の高いソフトです。解析モデルの作成・編集から、計算実行、計算結果の表示・チェックに至る一連の作業を同じWindows画面上で処理することができます。

SAP2000基本解析機能

SAP2000の基本解析機能は以下の通りです。
フレーム要素・シェル要素の基本解析機能はBASIC版で対応できます。
平面要素・ソリッド要素・リンク要素を含む線形解析機能はPLUS版以上で対応できます。 非線形特性を考慮した解析はADVANCED版以上で対応できます。

  • すべての解析(静的、動的、非線形)に対し、それぞれ荷重ケースを設定します。SAP2000の解析を実行すると、各荷重ケースに対する計算処理を実行し、各荷重ケースの計算結果を出力できます。
  • 一般的な静的弾性解析(静的荷重解析)が可能です。
  • 次元(X, Y, Z)構造モデルの解析が可能です。
  • 異なる複数の座標系を導入して、複雑な境界条件・荷重条件に対応するモデルを作成・解析できます。
  • 荷重として、
    • 構造部材の自重、自重に比例する重力荷重(3軸X, Y, Z方向に作用する静的荷重、たとえば静的地震荷重)
    • ジョイントに作用する外力荷重(FX, FY, FZ, RX, RY, RZ)、強制変形荷重
    • フレーム要素に作用するスパン荷重(集中荷重、分布荷重)、温度(熱応力)荷重、ひずみ荷重、変形荷重、防火材荷重
    • シェル要素に作用する分布荷重、圧力荷重、温度(熱応力)荷重
    • 平面要素(平面ひずみ、平面応力、軸対称ソリッド) に作用する圧力荷重、温度荷重、回転荷重
    • ソリッド要素に作用する圧力荷重、温度荷重
  • 複数の荷重ケース結果を組合せた結果を出力することができます。
  • 振動モードを計算できます(固有値解析、リッツベクトル解析)
  • フレーム要素にプレストレス荷重を与えることができます。

機能の概要

各機能の概要についてはこちら各機能の概要PDF をご覧ください。

PDF内容一覧

  • SAP2000概要
  • SAP2000基本解析機能
  • SAP2000の解析モデル要素機能
  • SAP2000動的線形・非線形解析機能
  • SAP2000静的非線形解析機能
  • SAP2000その他の解析機能
  • SAP2000入出力機能
  • SAP2000 API機能
  • SAP2000追加モジュール

製品パッケージ種類

解析機能レベルに応じた4種類のパッケージをご提供いたします。

製品パッケージ
パッケージ名 概要
BASIC版 ・フレーム要素・シェル要素・リンク要素(線形ばね特性のみ)

・静的解析・固有値解析・応答スペクトル解析

・フレーム要素断面設計機能(外国設計規準対応)

・モデル容量制限あり(1500節点以内)
PLUS版 ・BASIC版全機能

・平面要素・軸対称ソリッド要素・ソリッド要素

・線形時刻歴応答解析(モーダルアナリシス法)

・モデル容量制限なし
ADVANCED版 ・PLUS版全機能

・線形座屈解析

・幾何学的非線形性(P-Δ効果、大変形効果)を考慮した
非線形静的解析

・非線形リンク特性を考慮した非線形時刻歴応答解析
(モーダルアナリシス法・直接積分法)

・フレーム要素の塑性ヒンジ特性・Fiber要素非線形特性

・シェル要素のLayered Shell非線形特性

・非線形解析(Pushover解析、直接積分時刻歴応答解析)

・周波数応答解析(定常振動解析、パワースペクトル密度解析)
ULTIMATE版 ・ADVANCED版全機能

・Staged Construction解析機能

・Offshore/Wave機能

大学・公立研究機関(教育・研究)用のアカデミックパッケージ(ULTIMATE版対応)も
別途ご提供いたします。詳細は弊社までお知らせください。

動作環境

その他

詳細については、弊社までお問い合わせください。

ソフト開発元:米国CSI(Computers and Structures Inc)社

先頭に戻る