断面表自動作図プログラム SLM for ARCHICAD

Section List Maker for ARCHICAD (ARCHICAD20対応版)

内容・特徴

断面表自動作図プログラム『SLM for ARCHICAD』は
GRAPHISOFT ARCHICAD 20 のAdd On ソフトです。
ARCHICADの構造躯体情報を元に、
断面表を自動作図するプログラムです。

『SLM(Section List Maker)for ARCHICAD』は、「GRAPHISOFT ARCHICAD」の外部コマンドで 「ARCHICAD」の構造躯体情報を元に、断面表を自動作図するプログラムです。
構造モデルから断面表を作図するため、 構造モデルと図面の整合性をとることができます。

主な機能

SLMメイン画面

『SLM for ARCHICAD』を起動し作図するリストを選択します。

↓

鉄骨柱断面表

鉄骨柱断面表を作図した例です。

↓

大梁断面表

大梁断面表を作図した例です。

↓

柱断面表

柱断面表を作図した例です。

※ 画像をクリックすると、拡大して表示できます

作図可能な構造リスト

<柱リスト>

  • RC柱断面リスト
  • 鉄骨柱断面リスト
  • SRC柱断面リスト

<壁リスト>

<床リスト>

<梁リスト>

  • RC梁断面
  • 鉄骨梁断面リスト
  • SRC梁断面リスト

作図時の設定機能

対応している躯体モデルデータ

※1  『SSC-構造躯体変換 for ARCHICAD 20』は、株式会社ソフトウェアセンターの製品です。

製品価格

価格表 価格表PDF
製品名 価格(税抜)
○断面表自動作図プログラム
   SLM for ARCHICAD
¥350,000
・年間保守費 ¥  60,000
オプション
○ハードプロテクト版 ¥  15,000
インストール関連
・インストール作業 ¥100,000
※交通費および宿泊費は別途

2017年3月現在
価格は税抜金額です。別途消費税がかかります。
※価格は予告なしに変更する場合があります。購入時にご確認をお願いします。

◎ 本製品は、ネットワーク認証プロテクトを使用しておりますが、
    ネットワークに接続できない場合のために、ハードプロテクトをご用意しております。
    「ハードプロテクト版」を選択した場合は、スタンドアローンでのみの使用となり、
    ハードプロテクトを差し込んだPCでのみ起動可能です。

動作環境

開発:株式会社日建設計
パンフレット

先頭に戻る