応答スペクトル計算プログラム「MK-Resp」

MK-Resp Version1.0

はじめに

MK-Respは、地震断層を考慮した翠川・小林の方法による応答スペクトル計算プログラムで、地震動を計算するプログラムとして広く利用されています。ある敷地の地震動の強さは,想定した断層の位置や破壊過程が考慮され1質点系の応答スペクトルによって表現されます。設定パラメータが少なく,サンプルデータが内蔵・充実しており,従来にない入力が簡単で使いやすいソフトとなっています。

概要

MK-Respは入力は簡単で,サンプルデータを参考にしながら応答スペクトルを計算できます。 主な機能は、以下のようになります。

  1. 断層の破壊開始点を画面上で確認することができます。
  2. 敷地(サイト)の位置と断層面との位置関係を確認する画面があり便利です。
  3. 計算結果の応答スペクトルが地震基盤とその他任意の基盤面・地表とともにすぐに表示されます。
  4. 結果の保存ファイルは、Gene-Waveと互換性があり模擬地震波を作成することができます。
  5. ダイアログボックスが少なく、解析結果の確認や作図などの作業をスムーズに行うことができます。

入力および結果

特 徴

本プログラムの主な特徴は2つの要素から成ります。
1つは、地震断層の拡がりと破壊過程における伝播効果を考慮した包絡波形を、対象地の地震基盤における一質点系の速度応答スペクトルによって表現していること。
2つめは,評価された地震動(応答スペクトル)が対象地における地震基盤に入射し、SH波の増幅関数が乗じられて対象地の工学的基盤もしくは地表など任意の深度のスペクトルが評価できる。 という特徴です。すなわち、対象地の地震基盤で入射波の応答スペクトルが、そしてその上位堆積層の伝達関数を乗じて任意の深度の応答スペクトルが求められるというものです。この手法は、文献1)にC法(距離減衰式の評価に断層の拡がりを考慮した方法)として詳細に紹介されております。そのほか,文献2),3)も参照いただきたい。

【参考文献】

  1. 日本建築学会編:地震荷重−地震動の予測と建築物の応答,pp.35-40,1992.5
  2. 翠川三郎・小林啓美:地震断層を考慮した地震動スペクトルの推定,日本建築学会論文報告集,第282号,pp.71-81,1979.
  3. 翠川三郎・小林啓美:地震動の地震基盤からの入射波スペクトルの性質,日本建築学会論文報告集,第273号,pp.43-54,1978.

プログラムの保守範囲

解析内容に関しての技術的なサポートは行っておりません。ご了解の上でご使用ください。 プログラムの保守は、購入後1年間とし、保守内容は以下の項目とします。

価格・適用機種

価格表
製品名価格(税抜)
MK-Resp Ver1.0 ¥450,000

価格は税抜金額です。別途消費税がかかります。
※価格は予告なしに変更する場合があります。購入時にご確認をお願いします。


製作:ソフトウェア研究会
印刷用 

先頭に戻る