SIRCADで作成した3次元モデルをXVLで展示しています

SIRCADの3Dビューワ機能は、建築スケルトンの設計をビジュアルに多方面から支援します。
超軽量3Dデータ「XVL」を利用することで、インターネットや電子メールによる配信・閲覧が極めて容易になるため、施主・ゼネコン・設計事務所の間で建物3Dデータの迅速な共有が可能となり、誰にでもわかりやすい設計を行えるようになります。また、現場では3Dスケルトンデータを確認することにより、作業ミスの軽減に繋がると期待されています。
「XVL」データは、打合せ文書や工程シミュレーションとして容易に利用できるだけでなく、企業内に蓄積された多様な情報を有機的に連係させて情報共有することも可能です。

[ XVL はラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です ]

XVLギャラリーをご覧頂くにはXVL Player が必要です。 LATTICE TECHNOLOGY XVL Player

XVLギャラリー