書籍

下記の書籍を取り扱っております。


◆本格的耐震解析入門書 3次元構造解析ツールSAP IV

−例題によるSAP IV利用技術の修得−

書籍表紙


● 著者・訳者 加藤 進
● 価  格 ¥3,240(税込)
● 送  料 ¥ 300
※お支払いは同封の郵便振替票をご利用ください。


第1章 SAP IV による簡単な例題解析

  1. 梁要素による片持ち梁の解析
  2. 境界要素
  3. 厚肉シェル要素
  4. データ生成機能

第2章 薄肉シェルを利用した構造モデル

  1. 鉛直加重を受ける鉄板
  2. 土と地中構造物の静的解析モデル
  3. 床  板
  4. 跳ね出し階段
  5. 煙  突

付録:SAP IV マニュアル(PART A, C)日本語訳

第3章 動 的 解 析

  1. 基礎的なモデル
  2. せん断型モデル(バネ・マス系との対比)
  3. 曲げせん断型モデル
  4. 構造物の部材レベルの解析モデル
  5. 直接積分法
  6. 厚肉シェルによる煙突の解析モデル

第4章 厚肉シェルの応用

  1. RC製板の静的解析
  2. 鉄筋を考慮したデータ
  3. RC製板の温度応力解析
  4. RC製板の衝撃解析

  先頭に戻る

コンピュータによる有限要素法を用いた

◆土と構造物の連成振動解析

−FLUSHマニュアル−

書籍表紙


● 著者 ジョン・ライスマー,他
● 訳者 加藤 進
● 価  格 ¥3,240(税込)
● 送  料 ¥ 300
※お支払いは同封の郵便振替票をご利用ください。


地盤を有限要素に置換し、非線形性状を取り入れた、強振時の応力解析を行う研究は我が国においても盛んである。本書のFLUSHは、1976年1月15日カリフォルニア大学のバークレイ研究所にある土質工学グループによって開発され、その後、年々改良を加えて今日に至っているプログラムである。土の非線形性や、隣接構造物の影響、周辺地盤の影響等を考慮し、特に3次元効果を取り入れて、地盤と構造物の連成振動解析を行うことができる。コンピュータを用いてこのような解析を行う際に、コンピュータ費用との関係も考慮に入れ、なるべく経済的に解析を行うことも考えた場合のひとつの手本ともいうべきプログラムである。特に、FLUSHのマニュアルは、その意味からも構造工学に携わる者にとって必読の書である。
原子力発電所をはじめとして、LNGプラント、地下石油備蓄タンク等の国家的に重要で、しかも、事故時の被害が大きな構造物に対する安全解析は、その時期に応じて用い得る最適の手段によって可能な限り、追求が行われなければならない。
ライスマー博士は、FLUSHプログラムの普及のために毎年来日され、その考え方と応用法、モデル化の実習等を行っている。毎年、着実にユーザーを増やしているFLUSHは、この種のプログラムの原点である。(訳者 1982年1月)

§T 概要

  1. 地盤・建屋系の連成解析
  2. 設計の手順
  3. プログラムの詳細
  4. メインプログラム・リスト

§U モデル化に関する説明

§V 入力データ

  1. 入力データの方法
  2. 入力と出力についてのコメント
  3. 入力データ例
  4. FLUSH実行のデック・セット・アップ

§W 補論、参考文献

FLUSHのtopへ
先頭に戻る


◆雨水浸透施設・防災調節池等の設計者のための雨水流出抑制施設設計ツールBOCHO1

−例題によるBOCHO1利用技術の修得−

書籍表紙


● 著者 福山 秀二
● 価  格 ¥5,400(税込)
● 送  料 ¥ 350
※お支払いは同封の郵便振替票をご利用ください。


◆著者の言葉
「BOCHO1」は今年で発売25周年を迎えます。
今回、「BOCHO1」の発売25周年を記念し、 設計の一助にでもなればと考え、「BOCHO1」の解説本を書いてみました。 内容は、設計計算例に対応した入力・出力方法を中心に記述していますが、設計のポイントや注意点、考え方、対象基準等も併記しました。 技術計算を最初からコンピューターで行う、若い世代の方々に是非参考としていただきたい一冊です。 (本文より一部抜粋)

第1編 総 則

第1章 適用技術基準
第2章 BOCHO1で設計できること
第3章 基本操作

第2編 設計計算例

第1章 厳密解法による洪水調節容量計算
第2章 確率雨量および降雨強度式計算
(第2編には計算例1〜17を含む)

第3編 技術基準等の解説

第1章 厳密解法による洪水調節容量計算
第2章 簡便法による洪水調節容量の計算
第3章 呑口(オリフィス)断面計算
第4章 計画堆砂量の計算
第5章 洪水吐きおよび非越流部天端高計算
第6章 2降雨強度式の合成
第7章 分式と時間式の変換
第8章 確率雨量および降雨強度式計算
第9章 河川・水路等の不等流計算
第10章 洪水追跡を行わない浸透施設規模の設計

第4編 質問集

第5編 用語集

BOCHO1のtopへ
先頭に戻る